リフレクソロジー 情報館へようこそ

基礎知識,体の構造とリフレクソロジー,他の医学との関係,資格,などに関する情報を提供しています。


リフレクソロジー 情報館項目一覧


最新記事
リフレクソロジーの歴史

現在、知られているリフレクソロジーは、1900年代の初めアメリカの耳鼻咽喉科の医師ウィリアム・フィッツジェラルド博士によって考案されました。

それは「ゾーンセラピー」と呼ばれ、、同じゾーンに含まれる身体の部位間にはつながりがあり、身体の1ヶ所へ働きかけると、同じゾーンのほかの身体の部位にも影響を与えるというものです。

フィッツジェラルド博士は、自分の患者の手術後の痛みの訴えに個人差があることに気づき、研究を続け、発展させていきました。

さらに、手足にある身体のすべての部位に対応した反射区について、初めて説明したのがアメリカのユニース・インガム女史です。

そして1960年代の初め、インガム女史に学んだドーリーン・ベイリー女史によってイギリスにリフレクソロジーが伝わり、ヨーロッパ大陸へと広められたのだそうです。

 
リフレクソロジーの効果−老廃物の排泄

足反射区療法を受けた人が、施術後まず感じることは、足が非常に軽くなることだそうです。歩くのがつても軽やかになるそうです。

足反射区を刺激すると、なぜ元気を回復させることができるのでしょうか。

それは、足反射区を刺激することによって、身体の各部位、各機能が正常に機能するようになるためで、特に血管においては、血流を速めて、体内の代謝を促進するからです。

足の反射部位を刺激すると、まず血流の速度が速くなります。血流が速くなると、全身の代謝のスピードが速くなります。

代謝が速くなるということは老廃物の排出スピードが速くなるということです。

老廃物を排出するというのは体内のゴミ(老廃物、乳酸、尿酸)を出すことなので、体が綺麗になることにつながります。

 
効果がある治療薬はどれ?アトピーに悩む人へ